キャッシング 時効

キャッシングの時効のまとめ※弁護士の相談によりお金が帰ってくる事例あり

MENU

キャッシングの時効を成立させるには

消費者金融からキャッシングをしても、時効が成立すると、借金はチャラになりますね。金融機関から借りた場合の時効は5年間です。

 

ただ、お金を貸したほうとすれば、時効が成立するのを手をこまねいて見ているということはありません。時効を中断させる方法はあるので、金融機関は時効の成立を阻止するために、いろいろ手を打ちます。

 

まず、返済が滞ると督促状が送られてきますね。次に電話連絡や訪問などがあります。最終的に催告書が届いて、それを放っておくと差し押さえなどが行われます。差し押さえられないためには、家財を持って転々と住所を変えるしかありません。また、もし、時効の期限後に督促状が来たとしても、裁判所に対して異議申し立てをしなければ時効は成立しません。

 

債権者の取り立てを免れるために時効まで逃げ続けるというのでは、正常な生活が送れませんね。それに時効の成立というのはそう簡単には行かないようです。時効が成立するように相談に乗ってくれる行政書士の方もいるようですが、成功するという100%の保証はないですよね。いろいろな手間や精神的なストレスを考えると、時効の成立を狙うよりも、民事再生や自己破産という方法で、すっきりしたほうが再出発しやすいのではないでしょうか。

 

砂時計